サカラブ7【サッカーまとめ速報】

サカラブ7、日本代表を愛する管理人によるサッカーまとめブログです...

2021年02月

1: 名無し@サカラブ7 2021/02/28(日) 14:03:59.54 _USER9
no title


・リーガ第25節、ヘタフェ対バレンシアが現地時間27日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。日本代表MFの久保建英はこの日もベンチスタート。85分に出番を得ており、90分にはポスト直撃のシュートを放ったが、やはりその他に目立った場面はなかった。立場は、非常に厳しいと言える。(文:小澤祐作)

●これがヘタフェの真骨頂

 結局、ヘタフェはヘタフェである。それは、今後しばらく変わらないのだろう。

 リーグ4連敗で迎えた第25節バレンシア戦。ヘタフェはお馴染みの4-4-2で挑んでいる。スタイルは、ホセ・ボルダラス監督の下で成熟させてきた堅守速攻だ。

 バレンシアのシステムもヘタフェと同じオーソドックスな4-4-2だった。いわゆる、ミラーゲームである。そのため、立ち上がりから球際でバチバチとやり合う、かなり激しい展開となっていた。

 その中で、攻守の切り替えなどにおいてやや上回っていたのはヘタフェだった。すると39分、マウロ・アランバリが「今季ベスト」と言えるようなスーパーミドルを突き刺し、先制に成功する。ヘタフェにとってリーグ戦での得点は、1ヶ月前に行われた第20節アスレティック・ビルバオ戦以来となった。

 前節のベティス戦はハイプレスが噛み合わなかったが、今節はバレンシアが「お付き合い」してくれたこともあり、ヘタフェの強度が際立つようになっていた。1-0のまま迎えた51分にムクタール・ディアカビが一発退場を喰らって試合は完全に壊れるのだが、そのディアカビのファウルを誘発したのは、ヘタフェ側のハイプレスがうまく機能したからだった。

 数的優位を得たヘタフェはその後も危なげなく時間を進め、55分にハイメ・マタ、87分に途中出場のカルレス・アレニャが得点を奪いバレンシアを突き放している。試合はそのまま3-0で終了し、ヘタフェは連敗を「4」で止めることになった。

 データサイト『Who Scored』によるヘタフェのパス成功率はわずか59%。スタメン出場の選手で最も数字が良かったのはネマニャ・マクシモビッチの82%で、その他の選手は全員70%を下回っている。支配率も42%しかなかった。このデータを見ても分かる通り、パスを繋いで崩し切る、という部分はヘタフェにまったく期待できない。

 それでも結果を残せるのがヘタフェである。1点目と3点目、そしてディアカビの退場は高い位置からのプレッシャーが効いたことで生まれており、2点目のきっかけとなったのは、GKダビド・ソリアからのわずか1本のロングボールである。ボルダラス監督率いるチームにとっては、これで十分なのだ。

●久保の立場は厳しくなるばかり

 さて、日本代表MFの久保建英だが、バレンシア戦でもベンチスタート。先発落ちはこれで4試合連続となった。

 出番が訪れたのはアレニャらと同じ85分だった。わずか5分間の出場なので見せ場はやはり多くなかったが、90分にはアレニャのシュートのこぼれ球に反応し、角度のない所から右足でシュート。惜しくもポストを叩いている。

 と、出番こそ貰っている久保だが、やはり立場は厳しいと言わざるを得ない。加入後しばらくは先発出場が続いていたが、今月9日のレアル・マドリード戦で移籍後初めてスタメン落ちして以降、35分→32分→23分→5分とプレータイムがどんどん減少している。明らかにチームの信頼を掴むことができていない。

 確かに、ここまで久保を長い時間起用するメリットはハッキリしていない。同選手の影響で失点数が減るわけでは当然ないし、得点数が増加しているわけでもない。むしろ、久保が先発から外れた直近4試合で失点数は「3」と減っており、バレンシア戦では背番号5の力がなくとも3得点を奪っている。

 
https://news.yahoo.co.jp/articles/41f16dc23ebacf5367a14f1a381f8edf29ba700f
2/28(日) 13:05配信

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

166: 名無し@サカラブ7 2021/02/28(日) 00:24:28.96
遠藤航さん、金に余裕がない古巣のスポンサーになってしまう
no title


999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 名無し@サカラブ7 2021/02/28(日) 04:30:37.89 _USER9
no title


【アステラス 2-1 PAOK ギリシャ1部第24節】

 ギリシャ1部リーグ第24節のアステラスタイPAOKが現地時間27日に行われた。試合は2-1でホームのアステラスが勝利した。PAOKの香川真司はベンチスタートで63分から途中出場している。

 加入してから公式戦5試合連続途中出場中の香川は、この日もベンチスタート。54分に2点差とされたあと、香川は63分から投入された。


 積極的にボールに絡んでいく香川だが、74分にはギリシャで初のイエローカード。相手GKがハイボール処理でバランスを失ってこぼしたところを狙うが、先にGKがキャッチ。香川は悪意はなかったものの顔を蹴ってしまい、危険なプレーということで警告を受けた。

 PAOKは84分、ジブコビッチのゴールで1点を返して望みをつなぐ。その後も猛攻を仕掛けるが、追いつくことはできず、試合終了を迎えた。

 1-2で敗れたPAOKは、公式戦7試合ぶりの黒星。

【得点者】
37分 1-0 シト(アステラス)
54分 2-0 ルイス・フェルナンデス(アステラス)
84分 2-1 ジブコビッチ(PAOK)

https://news.yahoo.co.jp/articles/12a3ec2598bafc6c24a6c5d8cc958e4ece7e9987
2/28(日) 4:24配信
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

811: 名無し@サカラブ7 2021/02/28(日) 06:51:33.31
00


 
久保建英が「5分間」で決定機創出!ヘタフェが驚愕ゴラッソなど3発でバレンシアを撃破し、7試合ぶりの白星! 
https://news.yahoo.co.jp/articles/24e88b1e3874a04dab11465d6157b7d0f57951c9

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

490: 名無し@サカラブ7 2021/02/26(金) 19:22:41.67
no title


なんJ民ビビってて草
和製マンチェスターシティのサッカー見せたるわ
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 名無し@サカラブ7 21/02/27(土)00:49:03
moriyasuhajime


・FIFAランク186位の強豪モンゴルとの大事な試合を前に足の違和感を訴える富安を先発させる。結果、左大腿二頭筋を損傷するも素早い交代のおかげで全治四週間の軽い怪我。

・タジキスタン戦の途中で堂安が肩を負傷。モンゴル戦での反省を踏まえ、他の選手を下げ堂安をフル出場させる名采配により歴史的勝利。

・ベネズエラに前半で4失点するも修正せず。ハーフタイムに森保監督が出した指示は「闘え、相手よりも走ることを徹底しろ」。この的確な指示により、ワールドカップ未出場の強豪相手に後半を無失点で抑える快挙。

・ベネズエラ戦では中島と佐々木の二人がLBの位置でプレーする新たなフォーメーション(4-2-2-1)を披露。

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

no title


208: 名無しさん@恐縮です 2021/02/26(金) 20:49:21.72 ID:maW/Zu3h0
来年のカタールワールドカップは
川崎主体でメンバー組めばいい
森保JAPANじゃダメだわ
もちろん監督は鬼木
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

00


1: 風吹けば名無し 2021/02/26(金) 21:17:47.64 ID:gacPmeCF0
何があかんかったんや

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む


00

22: 名無しさん@恐縮です 2021/02/27(土) 11:55:58.58 ID:dfW8eNAu0
得点ランク2位なんだな
なんにせよ結果残さないと次がないから頑張ってほしいね
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 名無し@サカラブ7 2021/02/27(土) 16:00:38.31 _USER9
no title


札幌 5-1 横浜FC
[得点者]
02'駒井 善成     (札幌)
04'金子 拓郎     (札幌)
29'クレーベ      (横浜FC)
45'アンデルソン ロペス(札幌)
45+4'金子 拓郎    (札幌)
77'チャナティップ   (札幌)

スタジアム:札幌ドーム
入場者数:11,897人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/022701/live#live 
  
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

↑このページのトップヘ