サカラブ7【サッカーまとめ速報】

サカラブ7、日本代表を愛する管理人によるサッカーまとめブログです...

2021年01月

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/01/31(日) 08:10:26.36 ID:CAP_USER9
00


ルーキーイヤーの2020年シーズンにJ1新人最多タイ記録となる13ゴールをマーク

 川崎フロンターレのMF三笘薫は、Jリーグ1年目となった2020年シーズンにJ1ルーキー最多タイの13ゴールを挙げ、ベストイレブンに輝くなど強烈なインパクトを残した。その活躍により、ドイツ移籍情報専門サイト「Transfermarkt」算出の推定市場価格が大幅上昇。「流星ミトマが3100%アップ」と驚きを持って報じられている。

「transfermarkt.com」は移籍金や活躍度、年齢などを踏まえて、「推定市場価格」を独自に算出している。そのなかで、昨季リーグ優勝を果たした川崎の選手たちが一気に評価を高めており、なかでも三笘が驚異的な上昇率だという。

 記事では、「流星ミトマが3100%アップ」と見出しを打って特集。「J1リーグ王者の川崎フロンターレは、リーグで最も価値のあるチームに輝き、総市場価格は2000万ユーロ(約25億4000万円)を超えた」と伝えたうえで、三笘について紹介している。

「レオ・ハタテとカオル・ミトマという2人の“流星”は、経験豊富なチームメートと馴染むのにほとんど時間がかからなかった。特筆に値する。特に23歳のミトマに関しては感動的とも言うべきものだった。推定市場価格は3100%アップで、160万ユーロ(約2億円)となり、ヨーロッパへの移籍は現実的であると見なされている」

 2年目のシーズンを迎える三笘は、その活躍次第でさらに海外からも注目度が増す“人気銘柄”となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/04d0824b0d236b4cced1cc153454a55bba7300f3
1/31(日) 7:50配信

https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランキング

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

810: 名無し@サカラブ7 2021/01/31(日) 01:26:38.51
00


フランクフルト3位きたーーー!!!
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

532: 名無し@サカラブ7 2021/01/30(土) 23:23:23.21
00



武藤ブチギレwwww

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

759: 名無し@サカラブ7 2021/01/31(日) 02:47:54.28
00


吉田麻也ロナウド封じてて草

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

520: 名無し@サカラブ7 2021/01/29(金) 19:52:45.15
no title


柴崎を素早く切り捨てよう?パスの出手としても終わった感あるし守備はアレなんで遠藤の相方探そう!

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/30(土) 05:38:42.68 ID:CAP_USER9
1/30(土) 5:15配信
東スポWeb

ギリシャ1部PAOKに入団した香川真司

 昨年にスペイン2部サラゴサとの契約を解除しフリーとなっていた元日本代表MF香川真司(31)の新天地が、ギリシャ1部PAOKに決まった。早くも現地では〝カガワフィーバー〟が起こるなど期待の大きさをうかがわせるが、かつて日本の10番を背負った男は復活できるのか。元日本代表MFで本紙評論家の前園真聖氏(47)が、今後を占った。

【写真】かつて代表の10番を背負っていた香川

【前園真聖 Zoom up】ようやく香川の新天地が決まりました。希望のスペインリーグではありませんでしたが、欧州のクラブにこだわっていた中で、プレーできる環境が整ったのは本当によかったと思います。

 スペイン2部サラゴサとの契約を解除してから約4か月たちますが、トレーニングはしっかり積んできているようですし、試合勘などを戻すのにもやりながら対応できる範囲でしょう。最初は途中交代から出て、コンディションが上がってくれば、先発でも十分にやっていけます。やはり攻撃的な選手のためゴールに絡むプレーというのが求められるので、目に見える結果に期待したいですね。

 所属先も決まったことで、代表に復帰できるのかも気になるところではないでしょうか。そのためには数試合やそこらではなく、ギリシャでシーズンを通して活躍する必要があります。それこそ欧州CL(チャンピオンズリーグ)に出られる可能性のある順位にチームを導き、自身がそういう舞台で輝いて初めて代表復帰の話になってくると思いますので、今はまだ気が早い状況です。

 もちろんPAOKで復権を確実なものにすれば、必ずや代表に必要な選手となるのは言うまでもありません。それはピッチ上のパフォーマンスはもちろんのこと、代表にMF久保建英(19=ヘタフェ)ら若い選手が出てきているとはいえ、チームには経験値のある選手が必要だからです。そのときは、欧州で再びステップアップしてくれる可能性は高いですし、おそらく香川もここで終わりとは考えていないでしょう。

 ちなみに2000年に湘南でJリーグに復帰する前に、PAOKのテストを受けたことがあります。結果は出ませんでしたが、ものすごくサポーターが熱狂的でしたね。ギリシャでも有数の熱さは今も変わりません。まずは自身のプレーで地元サポーターに存在感を示してほしいですね。もともと期待も高いですし、そうすれば、あっという間に愛される存在になるのは間違いありません。

(元日本代表MF)

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/53871013a7ade9d94eeaa4575b306e58851dc2d0

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

527: 名無し@サカラブ7 2021/01/30(土) 11:30:51.74
00


ビジャレアルの前監督も久保のプレーすきだってさw
アンチがいくらけなしても、実際プレーを目の当たりにしてるスペインの現場では人気な模様ww


https://twitter.com/ElTransistorOC/status/1355300853721214977?s=19 
999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/30(土) 18:49:50.40 ID:CAP_USER9 BE:309252702-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/30(土) 17:48配信
東スポWeb

MF本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑(34)のブラジル1部ボタフォゴ退団が29日付けで正式に承認された。

 ブラジルメディア「フォガオネット」によると、本田はすでに昨年末に退団を発表してクラブ側も合意していたが、残っていた書類上の手続きが進められていた。29日に手続きが完了し、ブラジルサッカー連盟から退団選手として発表された。

 昨年末に新型コロナ禍で送別会を開催して猛批判を浴びた本田が、この発表を受けてファンやサポーターからは非難の声が再燃。同メディアの正式退団報道に対して「ボタフォゴの歴史の中で最悪の移籍の一つだった。名誉も献身性もない日本人だった」「残念ながら何も機能しなかった。クールだったのは空港のレセプションだけだ」などとファンやサポーターからの辛らつな言葉が次々と投稿された。

 本田はオファーを受けているポルトガル1部ポルティモネンセの施設で練習を行っている。26日には自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑『NowVoice』」で「他のクラブも継続してアプローチしている。もう少し粘りたい。僕はフリーなのでウインドー期間に縛られず移籍ができる。最悪は1月を越えてもちゃんと選びたい」と新天地を模索しているが、ブラジルの名門との間には大きな禍根を残してしまったようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac0dea382c6f407882ff9b9deac25658d85a6ce2

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/30(土) 18:52:33.44 ID:CAP_USER9 BE:309252702-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/30(土) 17:11配信
東スポWeb

ジェラール・ピケ(ロイター)

 総額1400億円を超える負債が判明したスペイン1部バルセロナの「放出リスト」が流出し、話題となっている。

 スペイン紙「アス」など各メディアによると、「TV3」が伝えた話として、バルセロナの強化部門が作成したリポートが外部に漏れて、その内容が判明したという。

 リポートでは、DFジェラール・ピケ(33)が4月まで起用できないと書かれており、競争力を高めるにはイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティーのDFエリック・ガルシア(20)の獲得が必要と記されている。

 DFサミュエル・ウンティティ(27)については「ハイデマンドな試合でプレーするのに苦労しているだけでなく、ケガのせいで信頼できる選手ではなくなっている。よって、重要な試合で起用可能と保証することはできない」と報告している。

 また、下部組織出身のDFオスカル・ミンゲサ・ガルシア(21)については、有効な代替オプションとしつつ「重要な試合への準備は整っていない」ため、起用できるのは重要度が「中程度の試合になる」と分析。

 信頼がおけるセンターバックはクレマン・ラングレ(25)とロナウド・アラウホ(21)だけと指摘している。また「逃せないチャンス。逃せばミスになる」とエリック・ガルシアの獲得を強く推していると、各メディアは報じている。

 一方、同リポートでは今夏に放出すべき選手名も記載。DFジュニオール・フィルポ(24)、ウンティティ、GKノルベルト・ネト(31)の3人の放出が推奨されるという。

 同時にチームの若返りと給与削減のため、手薄になった左サイドバックに、DFアレハンドロ・バルデ(17)の昇格を推薦したそうだ。

 選手の評価や編成に絡むリポートが外部に流出するのは異例。今回はDF陣に関する内容で、FWリオネル・メッシ(33)ら攻撃陣については触れられていない。

 経営面で苦境に立たされているバルセロナは、冬の市場を含めて今後、どのようなチーム編成をしていくのだろうか。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8b0e94de13c96c15d439c5b46396662b2152c7e

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

329: 名無し@サカラブ7 2021/01/29(金) 14:24:57.86
no title




もうほんとよくわからなくなってきたからね・・・

999: おススメリンク 1000/01/01(X)
続きを読む

↑このページのトップヘ