サカラブ7【サッカーまとめ速報】

サカラブ7、日本代表を愛する管理人によるサッカーまとめブログです...

2020年04月


kubotakefusa

1: 風吹けば名無し 2020/04/30(木) 11:17:14.56 ID:dmjvya6v0
5大リーグの10代のキーパスランキング

1位サンドロトナーリ(19歳・ブレシア) 48本
2位アルフォンソデイビス(19歳・バイエルン) 28本
3位久保建英(18歳・マジョルカ) 20本


参考データ
トナーリ 1G5A 2047分
デイビス 1G4A 1596分
久保   3G3A 1440分


この3人の中でも一番レベルの高いリーグで一番若くて一番出場時間短い

https://www.excite.co.jp/news/article/TheWorld_281126/

続きを読む


agi-re


1: シャチ ★ 2020/04/30(木) 13:12:23.95 ID:aTjzubqi9
4/30(木) 13:07配信 Football ZONE web
https://news.yahoo.co.jp/articles/161c5b8951f48aaad83fb24b5960436263d4dfe5
アギーレ監督が語った日本代表「『監督、あまり選手を怒鳴らないでください』と言われた」

 かつて日本代表を率いたハビエル・アギーレ監督は現在、スペイン1部レガネスを指揮している。新型コロナウイルスの影響によりリーグは中断しているが、アギーレ監督は海外メディアのインタビューに応じ、日本代表時代について「無意味だった」と振り返っている。

 アギーレ氏は2014年8月に日本代表監督に就任。翌年1月に行われたアジアカップではグループリーグ3戦全勝で決勝トーナメント進出を果たしたが、UAEとの準々決勝でPK戦の末に敗れ、ベスト8で敗退。2015年2月に契約解除となっていた。

 日本代表監督の座を追われた後は、UAE1部のアル・ワフダで2年間にわたって指揮し、2018年にエジプト代表監督に就任。昨年11月からレガネスを率いている。アギーレ氏は米スポーツ専門局「ESPN」スペイン語版のインタビューで、日本行きの決断は“失敗”であったと心情を吐露している。

 メキシコ代表を率いてのW杯ベスト16進出や強豪アトレティコ・マドリードでの経験など、華々しい監督キャリアを振り返りながらも、記者から「なぜ日本に行ったのか? 意味をなさなかったのでは?」と質問されると、アギーレ監督は「あなたが正しい。無意味だった」と心情を吐露している。

「日本で指導を始めた際、『監督、あまり選手を怒鳴らないでください』と言われたんだ。私は言ったよ。『それなら、なぜ私を雇ったんだ?』とね」

 アギーレ監督は自身の経験を踏まえて日本代表の強化に着手したが、就任当初から日本人の気質とはそりが合わないことを実感していたようだ。

Football ZONE web編集部 

続きを読む




hondakeisuke_botafogo

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/30(木) 01:40:23.91 ID:vWwd62I79
ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が29日、日本テレビ系「news zero」に出演し、東京五輪出場への意欲を改めて語った。

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、本田はブラジル・リオデジャネイロの自宅で自粛生活を送っている。ブラジルでは7万3235人の感染者、5083人の死者が出ており、「僕はひきこもりで、基本的にトレーニングするときしか外に出ない」と現状を明かした。

オーバーエイジ(OA)枠での東京五輪出場を目標に掲げてきた本田。「やはり本田選手はまだ目指しているんでしょうか?」と聞かれると、「はい。Yes,I doです」と頷いた。続けて「何を若い五輪チームにもたらせると思っていますか?」と質問されると、次のように語った。

「勝負の勝ち負けをギリギリで制するところの厳しさというのは、僕も熟知しているわけじゃないですけど、若い選手たちよりは僕の方があるので。東京五輪って国内でやるのでかなりプレッシャーがかかると思うんです。ホストなんだからいい結果を出して当たり前だろうというプレッシャーの中でプレーしないといけない」

「そんな中、いつも通りのプレーができないと、いい選手たちも全くパフォーマンスを発揮できずに終わってしまう可能性があるのがサッカーなんです。そういうところで精神面、勝負強さみたいなものを東京五輪では、チームに僕は何か影響力をもたらすことができると思っている」。そう力を込めた本田は「そこの枠に入っていけるように引き続きパフォーマンスを高めていきたいなと思います」と意気込んでいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-43479944-gekisaka-socc
4/30(木) 1:09配信

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 21:35:53.92 ID:yQr96Ucx9
「史上最高のサッカー選手」について回答 「才能やスキルに特化するなら…」

プレミアリーグでトッテナムを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督が、史上最高の選手に“フェノーメノ”(怪物)の異名で知られた元ブラジル代表FWロナウド氏を挙げた。スペイン紙「AS」が報じている。

ロナウドはバルセロナ在籍時の1996-97シーズンに、リーガ・エスパニョーラで37試合34得点の活躍を見せて得点王を獲得。世界的スーパースターの仲間入りを果たした。
わずか1年でインテルに移籍し、世界最強FWとしての地位を確立。膝の大怪我により苦難も味わったが、ブラジル代表のエースとして2002年日韓ワールドカップ(W杯)で復活を遂げ、チームを世界一に導くとともに自身も得点王に輝いた。

大会後にレアル・マドリードに移籍した“怪物”は、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表DFロベルト・カルロスらを擁し、“銀河系軍団”と呼ばれたチームで加入1年目にして31試合23得点をマーク。
同年に2回目のバロンドール受賞も果たしている。

モウリーニョ監督はスポーツ専門サイト「LiveScore」で、“史上最高のサッカー選手”について問われると、
レアル時代に指導したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)でも、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシでもなく、“怪物”ロナウドと答えている。

「“エル・フェノーメノ”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシのほうがキャリアは長いし、彼らはこの15年間、常にトップに立ってきた。しかし、才能やスキルに特化するならば、誰もロナウドを超えられない。
彼がボビー・ロブソンと一緒にバルセロナにいた時、これまでピッチで見たなかで最高の選手だと気がついた」

そして、「故障がなければ、もっと素晴らしいキャリアになっていたかもしれない」とし、「あの19歳が持っていた才能は驚くべきものだった」と続けた。
チェルシーやレアル、インテルで数多くの世界的名手を指導してきたモウリーニョ監督だが、自身がバルセロナのアシスタントコーチを務めていた当時に見たロナウドを超える選手は現れていないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00259286-soccermzw-socc
4/29(水) 8:20配信

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む



no title


1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 12:52:09.47 ID:HCqrFIFw9
「チームメイトにはまったく無関心だった」

クリスチアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに加入した当初、いじめに遭っていた。そんな衝撃の告白をしたのが、当時所属していたデンマーク人FWマッズ・ティムだ。C・ロナウドと同じ35歳のストライカーが著書『Red Devil』に綴った内容を、英紙『The SUN』が報じている。

記事によると、2003年夏に当時18歳のC・ロナウドがスポルティングから加入してまもなく、「髪型とプレースタイルのせいでベテラン選手からいじめられた」という。

「私と同じように彼はいじめられ、髪も切るはめになってしまった」とティムは告白している。

 また、リザームチームとの試合の時には、ガリー・ネビルやオレ・グンナー・スールシャール(現ユナイテッド監督)といった先輩たちから、「パスだ、今すぐパスしろ、くそったれ」といつも怒鳴られていたという。

 ただ、「選手としても人としても並外れた存在だった」というC・ロナウドは、重鎮たちにも臆することなく立ち向かっていったようだ。「彼が特別だったのは、そういったヒエラルキーに闘いを挑み、そして勝利したことだ」とティムは回顧している。

 そして、ポルトガル代表FWのキャラクターについて、こう評している。

「彼はチームメイトにはまったく無関心だった。他の選手のためにスペースを与えなかった。俺、俺、俺だった。それがクリスチアーノ・ロナウド。CR7なんだ」

 たしかに、エゴな面はあったのだろう。ただ、弱冠18歳でイングランドきっての名門に引き抜かれ、瞬く間に主力へと成長できたのは、そうした強いハートがあったからこそとも言えるのではないだろうか。

4/29(水) 7:35 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00072438-sdigestw-socc

続きを読む

1: 名無し@サカラブ7 2020/04/29(水) 20:59:07.20

Mario-Goetze

元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェについてブンデスリーガでプレーするにはスピードが足りないと考えているようだ。

ゲッツェは今シーズン、ドルトムントで19試合に出場しているが、先発は6試合のみ。ドルトムントとの契約が今季で満了するため、退団は濃厚とみられている。

ゲッツェにはミランやローマといったセリエAのクラブが興味を寄せる中、マテウス氏は『スカイ』のコラムの中で、より特性に合ったリーグに移るべきとの見解を示した。

「ドルトムントでの時間は終わったと思っている。今後の交渉で延長となったら、とても驚くだろう。今日、彼のスタイルはもはや需要がない。ドルトムントや他の多くのトップクラブで実践しているサッカーに追いつくためのスピードがないからだ。バイエルンへの移籍は彼が夢見ていたものではなかった。復帰後もドルトムントで最高の状態に戻ることはなかった」

「ゲッツェはクラブを見つけなければならない。何よりもプランを彼に合わせてくれる監督を見つけないとね。イタリアが彼に適したリーグである可能性はある。少なくともイタリアのプレースピードはそれほど速くないし、彼にとって有益なことだろう」

さらにゲッツェについて「彼が無気力で野心がないと非難することはできない」とも語ったマテウス氏。かつて国内の英雄となったゲッツェは海外でもう一花咲かすことができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010011-goal-socc 
続きを読む


no title



1: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 12:46:47.88 ID:u1JrvyQ20NIKU
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/04/29/kiji/20200429s00002179122000c.html

“経営難”鳥栖社長、本気!?…クラブ増収策で選手に提案「マンションをみんなで買わないか」


選手たちに対しては「年俸は減額しない」と約束。
その一方で、真意を測りかねる前代未聞の提案もあった。

 関係者によると、竹原社長は「今季に限っていうと、試合のない状況で年俸の支払いは負債。
出るばかりで利益を生んでいない」と主張。「収入が生まれる方法をみんなで考えないか」と呼びかけた上で、
クラブに収入を生み出す一例として「マンションをみんなで買わないか」と、不動産投資を提案する一幕もあったという。 クラブは30日にはオンラインでサポーターミーティングを開催する。

🤔

続きを読む


dhibara
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 12:39:20.25 ID:HCqrFIFw9
ユヴェントスで3人目となる新型コロナウイルス感染者のパウロ・ディバラ。感染確認から1カ月以上経過しているが、6週間目に突入した最新の検査でも陽性と診断されたようだ。

ユヴェントスではダニエレ・ルガーニ、ブレーズ・マテュイディが新型コロナウイルスに感染。検査を受けたディバラは3月21日に陽性と診断され、それ以降恋人のオリアナ・サバティーニとともに隔離生活を続けているが、最新のPCR検査でも変わらず陽性との結果が出た模様。スペイン『El Chiringuito』が伝えている。

「ユヴェントスFWディバラは4度目のテストを受け、今回も陽性と診断された。これは感染症をまだ克服していないという事実を示しており、チーム合流に向けた動きが再び凍結されたことを意味する」

「ディバラが陽性と診断されたことにより、ユヴェントスがこの後どうなるのか改めて不透明となった。アタランタGKマルコ・スポルティエッロも3度の検査を受けて陽性、陰性、陽性の結果となったため、ディバラも同様のケースとなる」

ディバラは3月21日の検査で陽性となり、隔離生活へと突入。その後2度目の検査では陰性と診断されていたが、4月上旬に3度目の検査を受け、再び陽性となったと恋人オリアナから明かされていた。

それから20日以上経過した現在も陽性と診断されたことにより、ディバラの隔離状態はさらに続くことが濃厚となったようだ。

4/29(水) 11:49 Yahoo!ニュース 40
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010007-goal-socc

続きを読む


tomiyasutakehiro

1: 久太郎 ★ 2020/04/28(火) 21:31:59.17 ID:BkuQncQH9
 イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋にローマが関心を示しており、オファーを出すことを検討しているという。伊紙『イル・テンポ』が報じたとして『フットボールイタリア』などが伝えている。

 冨安は昨年夏に推定900万ユーロ(約10億5000万円)とされる移籍金でベルギーのシント=トロイデンからボローニャへ移籍。負傷離脱を強いられた数試合などを除けばほぼ全ての試合に先発起用され高い評価を得ている。

 日本代表などでのポジションはセンターバックだったが、ボローニャでは主に右サイドバックとしてプレー。さらに守備的MFとしてもプレー可能なユーティリティー性にローマのパウロ・フォンセカ監督が好印象を抱いていると伝えられている。

 一方、ボローニャでのプレーを続けるとすれば本来のCBとしてプレーできる可能性があるかもしれない。ボローニャ地元紙『レスト・デル・カルリーノ』が報じたとして『カルチョニュース24』が伝えたところによれば、シニシャ・ミハイロビッチ監督は冨安のCB起用を検討し、右SBにはミランからダビデ・カラブリアの獲得を検討しているとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200428-00372222-footballc-socc

続きを読む

no title
1: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 01:17:58.66 ID:cEvx2kWL0
 フランスのエドゥアール・フィリップ首相は、ロックダウン(都市封鎖)解除に向けた今後の計画案を発表する中で、
サッカーを含めたプロスポーツについてはシーズンを打ち切りとする方向性を示した。仏紙『レキップ』など複数メディアが伝えている。

 新型コロナウイルスによりこれまでに12万人以上の感染者、2万3000人以上の死亡者が報告されているフランス。
だが新規感染者の増加ペースが落ち着いてきた状況で、国内の各種活動の正常化に向けた一連の方針が発表された。

 その中でスポーツに関しては、大規模イベントを「9月までは開催できない」とする方針が示された。
プロスポーツの2019/20シーズンについては、「特にサッカーは再開できない」と明言され、事実上今季の打ち切りが宣言された。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200428-00372234-footballc-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ