サカラブ7【サッカーまとめ速報】

サカラブ7、日本代表を愛する管理人によるサッカーまとめブログです...

2020年01月

no title
678: U-名無しさん (ワッチョイ 8916-0Ybi [126.43.220.183]) 2020/01/30(木) 20:24:45.20 ID:9ssfu+CM0
神戸ベスト布陣が判明、主力組に移籍ドウグラスら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300760-nksports-socc

ヴィッセル神戸の今季ベスト布陣が判明した。30日の沖縄・読谷村キャンプ5日目で紅白戦(12分×2本)を実施。
主力組にはGK飯倉、DF大崎、ダンクレー、フェルマーレン、MFサンペール、イニエスタ、山口、西、酒井、FWドウグラス、古橋という、
大方の予想通りと言えるメンバーが入った。元日の天皇杯を制した顔ぶれをベースに、
清水から完全移籍したブラジル人のドウグラスを加えた2020年の布陣だ。

続きを読む

no title
4: 風吹けば名無し 2020/01/31(金) 02:41:18.30 ID:U7YbP9S70
ピョンテク

ミラン→ヘルタベルリン

ちなヘルタは冬期休暇中にクリンスマン監督になった

続きを読む

続きを読む

kubotakefusa
113: 名無しさん@恐縮です 2020/01/28(火) 19:23:57.97 ID:opLrd0UM0
フィジカルの問題だけだろ
攻撃面じゃマジョルカでダントツに有能だわ
まぁ、そのフィジカルが超重要なんだけどねw
地道に体作ってくしかないわ

続きを読む

1: ばーど ★ 2020/01/30(木) 08:13:58.66 ID:6MuIf99q9
東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議

東京オリンピックにまたしても暗雲が立ちこめ始めました。詳細は以下から。

ドイツメディアの報道によると、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取り合っていることをDPA通信が報じたそうです。
これは新型レトロウイルスによる新型肺炎対策の一環で、あと半年に迫った東京オリンピックについて「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。
なお、新型肺炎の発生を受け、サッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済み。
2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかったこと、新型肺炎がSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。
その場合、急ピッチで設立した新国立競技場や3兆円にも及ぶ莫大な投資は、無駄になってしまうのでしょうか……。
no title


https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_61217/
BUZZAP!2020年1月29日 20:08



続きを読む

398: 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ f952-wvOb [118.241.82.101]) 2020/01/30(木) 14:21:41.83 ID:ndQER14y0
87だってさ
no title

続きを読む

10: 名無しさん@恐縮です 2020/01/30(木) 09:32:52.99 ID:jIyLd3P80
香川動きは良かったわ
https://www.youtube.com/watch?v=RBj-vjsWU7s


続きを読む

1: Egg ★ 2020/01/30(木) 09:32:40.42 ID:rB2gkn5J9
写真
no title


日本サッカー協会は大きな宿題だと思って答えを出してほしいと語るセルジオ越後氏


あっという間の新シーズン開幕。僕以上にそう感じていたのは鹿島の選手たちだろう。Jリーグ開幕より1ヵ月弱も早く、FC東京(Jリーグ2位)と鹿島(同3位)が共にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)本大会出場をかけたプレーオフに臨んだ。

元日の天皇杯決勝を戦った鹿島(0-2で神戸に敗戦)は、早くも1月8日に始動。オフは6日間しかなく、10日には宮崎県でキャンプをスタートさせた。疲労を考慮して主力選手の合流を16日に遅らせたものの、普通では考えられない過酷なスケジュールだ。そしてACLのプレーオフで敗れてしまった。

昨季の鹿島はリーグ優勝を最後まで争い、ACLも準々決勝まで進出し、天皇杯も決勝まで残った。すべてのタイトルの獲得を本気で目指し、ほかのどのチームよりタフなシーズンを過ごした。主力の疲労は相当なものだと思う。キャンプ合流を遅らせたとはいえ、たった2週間では本当の意味でのオフにならない。さすがに気の毒だよ。

この件については、鹿島OBの柴崎(デポルティボ)もツイッターに「何が原因か分からないが、休む事への意識が欠けている」と投稿。それを受け、メルカリの会長である鹿島の小泉社長も、日本サッカー協会に天皇杯の日程の前倒しを要請すると表明した。選手ファーストなら当然の判断だし、僕も賛成だ。

もし天皇杯の日程が前倒しになれば、お正月の風物詩的な存在だった決勝が12月にずれることになる。それを寂しく感じる人も多いかもしれない。僕もそのひとりで、実際、現役時代は元日の天皇杯決勝に出ることを目標にしていた。

当時の日本リーグはお客さんも少ないし、テレビ中継もほとんどなかった。だからお客さんがたくさん入って、テレビの生中継がある天皇杯決勝は憧れだった。また、明治神宮に初詣に行ってから、国立競技場でサッカーを見る、そういう元日の過ごし方が定着しているファンも多い。

でも、今はリーグ戦にカップ戦、さらに代表の試合など、昔に比べて試合数が増えた。選手の負担を考えれば、天皇杯の日程の前倒しは真剣に考えなければいけないこと。すでに次回の決勝も元日開催が決まっているけど、日本サッカー協会は大きな宿題だと思って答えを出してほしい。

さて、今季のACLについて、Jリーグ勢はFC東京、横浜Fマ(Jリーグ1位)、神戸(天皇杯優勝)の計3チームが出場する。やっぱり注目はJリーグ王者の横浜Fマの戦いぶりだろう。

横浜Fマの補強は水沼、オナイウが目立つくらい。JリーグとACLを並行して戦うには、正直物足りない。でも、それはチームの土台がしっかりしているという自信の表れ。また、昨季同様、状況に応じたスピーディかつ的確な補強の準備をしていると信じたい。昨季MVPで日本代表にも選ばれた仲川が、ACLの舞台でどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

天皇杯優勝の神戸は清水からドウグラスを獲得したものの、ビジャ、ポドルスキ、ウェリントンが抜け、明らかに戦力ダウンしている。三木谷会長が何を考えているかはわからないけど、神戸らしい派手な補強を今年も期待したいね。


構成/渡辺達也

1/30(木) 6:10週刊プレーボーイhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200130-01105940-playboyz-socc

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/30(木) 16:33:13.02 ID:XpcRF/jR9
<プレミアリーグ:ウェストハム0-2リバプール>◇29日◇ロンドン

首位リバプールがクラブW杯出場のために未消化だったアウェーのウェストハム戦に臨み、2-0で勝利した。日本代表FW南野拓実(24)はベンチ入りしたものの、出場機会に恵まれなかった。

2月1日には第25節となるサウサンプトンとのホーム戦にむけて出場準備を整えることになる。
現在は出場機会に恵まれていないDF吉田麻也が在籍するサウサンプトンとの対決に向け「直接対決できればいいなとは思いますけれど、ボクはそんなことを言っている暇がない」と危機感を募らせた。

リバプールは26日のFA杯シュールズベリー戦から10選手を入れ替え、前半34分、FWサラーがPKで先制点。
後半7分にはMFチェンバレンが追加点を挙げ、リーグ15連勝に貢献した。

チームは優勝争いを展開しており、南野はまだリーグ戦では先発できていない。
「この半年は様子をみながら、みたいな雰囲気はあるかもしれないですけれど、個人的にはチームでやっている以上、
常にベストなものを目指す必要があると思う。ボクの解釈だとそれはやっぱり結果」と自己分析した。

またリーグ中断期間の2月4日にFA杯4回戦シュールズベリー戦が組まれたが、クロップ監督はリーグからの主力休養通達を受け、U-23(23歳以下)のチームで戦うことを明言。
南野は「今のところはまったくどうなるかわからないです。出られるんだったら出たいですけど。試合にはいつでもって気持ちはあります」と意欲を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300263-nksports-socc
1/30(木) 13:01配信

no title


https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10008622
成績

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/01/30(木) 15:33:52.01 ID:XXoQxe9m0
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ