サカラブ7【サッカーまとめ速報】

サカラブ7、日本代表を愛する管理人によるサッカーまとめブログです...

2019年12月

ha-rando
1: 風吹けば名無し 2019/12/30(月) 10:21:32.01 ID:lpSXPzVGa
南野の同僚はドイツへ…“ノルウェーの怪物”ザルツブルクFWハーランド、ドルトムント移籍が正式決定!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-43476257-gekisaka-socc

続きを読む

suzukiyuuma
1: 風吹けば名無し 2019/12/31(火) 12:41:32.00 ID:o3VR3h7Ra
0350 名無しに人種はない@実況OK 2019/12/31 12:39:40
http://www.voetbalni...gt-serieus-bedrag-op

>イランのさまざまなメディアによると、鈴木優磨はトラクターサジFCに向かう途中です。
>イランのトップクラブは、鈴木優磨のために約500万ユーロの移籍金を払います、STVVと合意するでしょう。しかし、公式発表はまだです、移籍の障害はないでしょう。
>鈴木優磨は、イランで大幅な昇給を受けたと言われています。

続きを読む

kubotakefusa
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/31(火) 06:32:27.47 ID:mFIW8gen9
サッカースペイン1部リーグ、マジョルカが日本代表MF久保建英のレンタル継続に意欲-。久保の代理人と所属元のレアル・マドリードに対し来季以降もレンタル移籍を継続できるよう働きかけを始めたという。
マジョルカの地元一般紙ディアリオ・デ・マジョルカが伝えた。

同紙によるとあくまでマジョルカの1部残留が大前提。その上で久保がプレー継続するようクラブ最高経営責任者(CEO)のマエタ・モランゴら代表者が動いている。
久保のスペインリーグへの適応、潜在能力はスペインでも高く評価されており、経済的メリットやメディア注目度も高く、レアル・ソシエダなど格上を含めた複数クラブと競合するのは必至。
獲得戦線はピッチでの戦いぶりとともに苦戦が予想されるが、引き留めに全力を挙げるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000122-dal-socc
12/30(月) 22:15配信

続きを読む

nihondaihyou
1: 風吹けば名無し 2019/12/30(月) 19:17:16.69 ID:gL7F1aud0
誰も知らないからかw

続きを読む

minaminoiseki
3: 名無しさん@恐縮です 2019/12/29(日) 21:13:42.18 ID:CcJiVSgf0
南野は1年保たないだろうね
すぐ放出されるから見とけ

続きを読む

yosidamaya_sausanputon
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 06:55:57.55 ID:GZ3+a10m9
レスター戦の大敗以降は出場機会が激減しており、「時間は刻々と迫っている」と展望

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、イングランド8シーズン目の今季は出場機会を失っており、苦境の時期を過ごしている。
英メディアは「サウサンプトンは1月に吉田麻也を売却すべき」と見出しを打ち、今冬の移籍市場での放出を提言している。

サウサンプトンは過去にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(現リバプール)、ベルギー代表DFトビー・アルデルワイレルド(現トットナム)、
クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(現リバプール)らワールドクラスのセンターバック(CB)を輩出してきた。

2012年に加入した吉田もライバルとの激しいポジション争いで出番に恵まれない時期もあったが、その都度這い上がり、世界最高峰のプレミアリーグで8シーズンもの間戦ってきた。
しかし、今季はリーグ第10節レスター戦で0-9の歴史的大敗を喫して以降、出場機会が激減しており、加入以来最大の苦境に直面している。

英サッカー情報サイト「FOOTBALL FANCAST」は「サウサンプトンは1月にソフィアン・ブファルと吉田麻也を売却すべき」と見出しを打ち、
「31歳CBの時間は刻々と迫っている。結局、彼は2020年夏に去る方針で、監督が一切起用しない“脇役”の1人だ」と辛辣な見解を記している。

「この日本人DFは今季公式戦わずか678分間の出場にとどまっており、ヤン・ベドナレク、ヤニク・ヴェスターゴーア、ジャック・スティーブンスに序列で先を走られている。
1月の退団は避けられないものだが、前向きなものでもある。
彼は長年にわたってセインツの良い兵士だったが、クラブは新たな戦力としてCBの獲得に乗り出すかもしれない」

吉田は今冬の移籍市場で新天地を求めることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00237364-soccermzw-socc
12/29(日) 8:10配信

続きを読む

koyanagirumiko
1: 風吹けば名無し 2019/12/29(日) 20:29:32.40 ID:sYHXq4/t0NIKU
割と真理ついてるよな

続きを読む

1: 名無し募集中。。。 2019/12/29(日) 01:16:28.21 0
なんだいこれは?
da839fbd
続きを読む

1: Egg ★ 2019/12/30(月) 19:53:42.52 ID:4Tqfoosy9
12月23日にオランダ1部フィテッセを退団したMF本田圭佑は無所属となっているなか、日本人選手が3人在籍しているベルギー1部シント=トロイデンが新天地候補として急浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケが新選手?」と報じた。

 昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、しばらく無所属の状態が続くも、今年11月にかつてプレーしたオランダリーグに復帰。フィテッセでリーグ戦4試合に出場したが、本田獲得に動いたレオニード・スルツキー監督が辞任し、出番が減っていた。

 恩師の後を追うように12月中旬にフィテッセ退団が決まり、本田はクラブ公式サイトを通じて「僕はクラブを去ることを決めた。僕がここに来たのは状況を変えるためだった。それがミッションだったが、できなかった」と吐露。さらに「スルツキーはクラブを去った。少なくともその責任を感じている。だから冬の後もここにいることはできない」と理由を明かしていた。

 そんな本田の新天地候補として、日本企業DMM.com社の傘下にあるベルギー1部シント=トロイデンが浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケがシント=トロイデンの新選手?」と見出しを立てて特集。現在、シント=トロイデンにはFW鈴木優磨、FW伊藤達哉、GKシュミット・ダニエルの日本人トリオが在籍しているが、本田加入の意味は大きいという。

 記事では「スルツキーの退任後、本田の契約はクラブとの合意のうえで破棄された。本田は無所属だ。シント=トロイデンは補強を求めており、商業的に興味深い選手を探している」と伝えている。

移籍を後押しする“別の要因”とは? 現地メディア指摘「ホンダも舞い降りるかもしれない」

 また現地メディアは、本田の移籍を後押しする他の要因についても言及。それはメルボルン・V時代の恩師であるケビン・マスカット監督の存在だ。

 マスカット監督は1月からシント=トロイデンのテクニカルディレクターとして働く。欧州で指揮を執る際に必要なUEFA監督ライセンスを持っていないものの、当面はクラブでの仕事に従事しながら取得を目指し、取得後は監督就任の可能性もあるという。そうした状況を受けて、記事では「蛙の子は蛙(子は親と似た道を歩むもの)。シント=トロイデンはケビン・マスカットと働く。ホンダもスタイエン(本拠地)に舞い降りるかもしれない」と独自の見解を示している。

 恩師スルツキーが就任したロシア1部ルビン・カザンも候補として報じられるなど、33歳の日本人アタッカーを巡って様々な情報が飛び交っている。古巣VVVフェンロも「皇帝ケイスケ」と呼び、かつて決めた30メートル超絶ミドル弾のゴール映像を公開していたが、果たしてベルギーでその勇姿を見ることができるのだろうか。

12/30(月) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00237589-soccermzw-socc

写真
no title

続きを読む

nagatomoyuuto_toruko
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 09:44:20.01 ID:GZ3+a10m9
長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)に対して、イタリア復帰の可能性が浮上している。

長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに加入。それ以降、トルコで公式戦通算65試合3得点7アシストの数字を収めるガラタサライの主力として、スュペル・リグ2連覇に貢献している。

その長友は今シーズンもレギュラー格として公式戦24試合2得点の活躍を披露しているが、来夏に契約が失効する状況。今シーズンのここまでリーグ戦7位に甘んじるチーム状況も相まって、今冬の放出候補に挙がっている。

こうした状況を受け、冬の動向に注目が集まる長友に対して、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者で、移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、日本代表DF冨安健洋を擁するボローニャが興味を示しているという。

ボローニャ移籍が成立すれば、長友は約8年間を過ごしたイタリア帰還に。以前にセリエA復帰の可能性としてサンプドリアも候補に挙がった長友だが、果たして…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367236-usoccer-socc
12/30(月) 8:35配信

続きを読む

↑このページのトップヘ